ロゴマーク  梅美台動物病院
 

                   サイトマップ
 619-0215
  京都府木津川市梅美台2−1−2
 (0774)73−5351 
  
   わんちゃんのチョコレート中毒にご用心                                ホーム 
 なぜ、チョコレートで中毒が起こるのか?

 
チョコレートの中には、犬にとって有害物質である 『 テオブロミン 』 という成分が入っています。(テオブロミンは、精神をリラックスさせて、集中力を高める効果があるとされています。)人間は、テオブロミンを効率良く体外に排出できるのですが、残念ながら犬の体はなかなかテオブロミンを排泄できません。そのため、食べてしまうと蓄積効果によって中毒を起こす危険性があるのです。 
チョコレート中毒の症状とは?   
わかりやすい症状は、嘔吐・下痢

重度になると、異常興奮・震え・発熱・不整脈・けいれんなどにより最悪死に至ることがあります。
 


 どのくらいの量のチョコレートを食べると危ないでしょうか?

文献にもよりますが、体重1kgあたり 100〜200mgの摂取で中毒となり、240〜500mgの摂取で50%のわんちゃんが死に至ると言われています。

では、チョコレート製品にどれくらいのテオブロミンが含まれているのか? 

   100g当たりに含まれるテオブロミン量(mg)
  ミルクチョコレート 150 〜 180mg
  セミスウィートチョコレート ・ ダークチョコレート 460 〜 650mg
  砂糖を含まないパン焼き用チョコレート
                (ベーキングチョコレート) 
1300 〜 1600mg 
 ココアパウダー  500 〜 2120mg
   
 

一応、文献的な数値を表記しましたが、実際チョコレート製品一品一品には、具体的なテオブロミン含有量の記載がないため、、それぞれのチョコレート会社に問い合わせるしかありません。
食べてしまった量や個々の感受性もあるので、テオブロミンの少ないものなら大丈夫というわけでもありません、。

まずは、食べさせない事!が大切です
 もし、チョコレートを食べてしまったら?
 
もし、ワンちゃんがチョコレートを食べてしまったら、すぐに動物病院に連絡し、とにかく、速やかに催吐処置(吐かせる)をとってもらってください。 


    バレンタインデーのチョコレートは、愛する人にあげてください。

                     決して、愛するわんちゃんには与えないでくださいね。
 

 ホーム

     求人情報
    梅美台動物病院 0774−73−5351
Copyright© 2010 Umemidai−ah All Right Reserved